自分でつける手すり専門店 “グリップグリップ”でプロの技教えます。ネットショップサイトで注文受付 
AWHB02-016go
補強板つけ方 ご注意(重要)
手すりのメーカーがいろんな人に試してもらって、この辺にあったら使いやすいな、という取付位置をご案内します。使い方には個人差があるため、目安にしていただき、棒などをあてがい利用される方が確認してから、取付ましょう。
 廊下
高さ 750ミリ〜850ミリ
廊下などの横手すり

高さ750ミリから850ミリ(床から)が一般的です。

腕をまっすぐ下げた手首の位置に合わせると、棒を握ったときに軽く肘が曲がって丁度良い高さになります。

上は肩が上がらず、下は猫背にならない程度の位置にしましょう。
高齢者用の廊下手すりは、杖が何本もつながったイメージです。
上から軽く押さえつけながら、手を沿わせます。

片麻痺など、障害を負った方はバランスを保つ為に、高め(おへそ)の位置
を好まれる方が多いです。

手すりの高さは、実際に棒をあてがい、ご本人が使いやすい高さで
決めましょう。

 出入り口
高さ 1400ミリ〜800ミリ
長さ 600ミリ程度
出入り口の縦手すり

縦手すりを体を近づけて握ると、ちょうど肩の高さぐらいになるので、手すりの上端は肩より少し上まではあった方が良いでしょう。

身長にもよりますが床から1200ミリから1300ミリぐらいの位置を持つ場合が多いようです。

片麻痺の人など強く握る方は、もっと高い位置を掴む場合もあります。

逆に、転倒が多い人、下肢筋力が弱く床を這って移動する人は床から立ち上がるためにもっと低い位置から手すりを付けても良いでしょう。
 玄関
高さ 1350ミリ〜750ミリ
長さ 600ミリ以上
玄関上がり

框を上がる時だけでなく、靴を履くときにもちょっとした支えになるので、誰しもがあると便利な手すりです。

段差を上がったり、立ち上がりなどの上下運動には、縦手すりが使いやすいでしょう。

框の位置に柱がある場合が多いです。
 玄関
土間からの高さ  750〜850ミリ  
玄関下り

体重を掛けながら下り、土間に下りた状態で体の前に掴む所がほしいので、横手すりの方が使い易いでしょう。

下り始めの時は、前のめりにならないよう800ミリよりも高めの方が良い場合もあります。

イラストのように斜めと組み合わせたり、L字型にしてみたり、上がる時と下りる時の両方で使いやすく組み合わせて取付ましょう。

マンションなど玄関段差が少ない所は横一文字に長く取り付ける方法もあります。


階段
高さ 段鼻より750ミリ程度
階段

階段手すりの高さは段鼻(角部分)から750ミリが目安となります。

上下階部分で200ミリ以上延長して長めに付けた方が、最後の一歩までしっかりと握っていられるので便利です。

特に上階部分は降りるときに助走として必要です。いきなり斜め手すりだと、夜中に寝ぼけ眼で掴み損ねて真っ逆さまに落ちてしまったら元も子もありません。

横手すりが無理なら縦でもいいので上がり切り部分に付けましょう。

手すり棒端は棒の小口を見せずに、パジャマの袖口が引っ掛からないようなブラケットを取付ましょう。

横手すり部分の高さは750〜850ミリが標準的です。
トイレ
縦手すり 便器先端より200ミリ〜300ミリ手前
横手すり 便座面より230ミリ〜300ミリ上
トイレ

立ち座りの上下運動なので縦手すりがあると非常に便利です。
立ち上がった時に体の前に手すりが位置するように、便器の先端から200ミリから300ミリ程度前が理想的です。

ただ、通常だとその位置に柱がないで、後付け補強板をしっかりと付けて補強した上に、手すりを付ける必要があります。

横手すりを付けると、座る時に体重を掛けたり、握力が無い人はプッシュアップして立てるので、便利です。便座面より230ミリから300ミリ上が目安の高さになります。

縦横を組み合わせてL型の手すりも便利です。
トイレ
高さ 650ミリ〜850ミリ
トイレ

横手すりを正面に付けた場合の高さは650ミリから850ミリが目安です。

便器の先端から壁までの距離が600ミリ程度あれば良いのですが、もっと狭い場合は、以下のことに注意しましょう。

・前かがみに立つ時に壁に頭をぶつけそう。
・男性が立って小便する時に腰に当たる。
・介助者の腰に当たる。

その場合は縦手すりに変えてみたり工夫してみましょう。
運営会社:株式会社ケーシーサービス  
東京都世田谷区等々力2-32-9-403  TEL03-3702-1905 FAX03-6805-9982
Copyright(C) 2008 kc-service.co.ltd All Rights Reserved.