自分でつける手すり専門店 “グリップグリップ”でプロの技教えます。ネットショップサイトで注文受付 
AWHB02-016go
補強板つけ方 ご注意(重要)
手すりの取付方を壁の種類ごとにご案内します。

[木製手すり取付ルール]
    ・ブラケット(金具)どうしの距離は910ミリ以内。 (直径32ミリの細めの手すり棒は600ミリ以内)
    ・ブラケット取付可能な位置は本柱間柱(幅30ミリ以上)、木質合板(厚み12ミリ以上)がある所
     又は後付け補強板を付けた所 

柱、間柱、木質合板がある場所は、ビスが効いて回らなくなり、しっかり留まります。もし、いくらドライバーで回してもビスが空回りするようでしたら、角度や位置を変えてやり直しましょう。

[浴室手すり取付ルール]】
    ・圧着貼りのタイル壁に取付。
    ・浴室用の手すり(インテリアバー)を使用。
真壁



 [施工手順]

1、手すりを柱にあてがい、ビス穴の印をつける。

2、3〜3.5ミリのキリで下穴を開ける。
  フリースタイルブラケット同梱の先割れビスは
  下穴なくてもOK。(堅い木材、ドア枠の細い部分
  などはクラック(木が裂ける)しないように下穴を
  開けることをお勧めします。

3、ビスで手すりを留める。



  
真壁

本柱が見える和室の壁です。
漆喰やジュラク壁などの塗り壁は壁材が崩れやすいので、間柱に付ける場合は、後付け補強板を使いましょう。


               ↑柱に付いてるのでOK




                    
               ↑柱に付いてないからダメ!






    ↑柱にしっかり付けた後付け補強板の上はOK






    ↑ ブラケットが910ミリ以上離れてるのでダメ!






    ↑柱にしっかり付けた後付け補強板の上はOK

大壁(12ミリ厚の木質合板)



 [施工手順]

1、手すりを柱にあてがい、ビス穴の印をつける。

2、3〜3.5ミリのキリで下穴を開ける。
  先割れビスは下穴不要。

3、ビスで手すりを留める。

木質合板(12ミリ厚以上)

どこでも付くラッキーボードです。
板厚はスイッチボックスやコンセントボックスがあればカバーを外して、壁板の断面を確認できます。




 大壁(石こうボード)





 [施工手順]

1、下地探しの針を刺し(どこ太)間柱を探す。

2、壁に間柱の位置を印する
  (鉛筆で軽く書いたり、粘着力の弱いマスキングテープを貼った上に記入するとよい)

3、柱、間柱位置に合うように手すりをつくる。

4、手すりをビスで留める。
  (下穴キリは3〜3.5ミリ)
石こうボード

大壁で一番多い壁材が石こうボードです。
石こうボード自体は強度が弱いのでビスが効きませんが、柱、間柱の位置を見つければ、取付可能です。




              ↑柱、間柱に付いてるのでOK






        ↑柱、間柱に一つ付いてないのでダメ!






      ↑柱にしっかり付けた後付け補強板の上はOK



      
大壁(化粧合板)


 [施工手順]

1、柱、間柱、胴縁の位置を確認する。
  (化粧合板は薄いので強く押すとわかる。又は、よく見ると小さな釘の頭が見えるので分かりやすい)

2、柱、間柱に付くように手すりを作る。

3、ビスで手すりを留める。
化粧合板(化粧ベニヤ板)

薄い化粧ベニヤ板を留めるために、間柱と化粧ベニヤ板の間に胴縁(横板)を付けている場合が多い。
胴縁でも手すりは付きますが、頑丈に付けるには柱、間柱に取付ましょう。



         ↑柱に1か所しか付いていないのでダメ!






        ↑柱にしっかり付けた後付け補強板の上はOK  

浴室タイル壁(圧着張り)
浴室タイル壁(圧着張り)

タイル壁の下地板は耐水合板や木摺板の上にモルタルを塗り、圧着タイル貼りはタイル裏面全体がモルタルにしっかり付くように張り付けます。

手すりはどこでも付きますが、水栓金具が付いてる壁面は壁内を水道管が通っている場合があるので、専門家に任せましょう。

注意:下穴を開けた場所には必ずシリコーンなどで防水処理をしましょう。
浴室タイル壁(団子張り)
浴室タイル壁(団子張り)

古い家のタイルの張り方です。

ドア枠の廻りなど竹を縦に割ったような形の竹割タイルを使用しているので、圧着張りとの区別は一目で分かります。

タイル一枚づつを団子状にしたモルタルをつけて貼ってあるため、タイルとタイルのつなぎ目(目地)は空洞になっている場合が多い。

無理をするとタイルを割ってしまうので、専門業者に頼みましょう。
コンクリート壁
コンクリート壁

マンションの躯体に壁紙を直貼りしたケース。
硬いので専門業者に頼みましょう。

注意:躯体はマンション共有部分になる為、工事する場合は管理組合に相談しましょう。

GL工法壁
GL工法壁

マンションによくある壁で、コンクリートと石こうボードを団子状にしたGLボンドで浮かせてくっつけます。

上下、左右にコンコン叩くと、共にコツコツ、ポコポコと固い音、空洞の音が交互に聞こえるので、すぐに分かりますが、手すりの取付は専門業者でも手こずる難しい壁です。

無理にせず、専門業者に頼みましょう。

石こうボード壁(軽量鉄骨)
石こうボード(軽量鉄骨の間柱)

マンションでよくみられる壁です。

ブラケットに付属の木工用ビスではつかないので、専門業者に頼みましょう。
運営会社:株式会社ケーシーサービス  
東京都世田谷区等々力2-32-9-403  TEL03-3702-1905 FAX03-6805-9982
Copyright(C) 2008 kc-service.co.ltd All Rights Reserved.